ファブリック

モケットグリーン
布地の中でも耐久性、耐摩耗性に優れており、電車やバスのシートなど、公共機関でも多く使われています。起毛による光の反射によって生まれる独特の光沢は古くから布の世界では王様的な存在とされています。(アクリル50%・ポリエステル50%)
detail photo
タープグリーン
椅子の張り地としては丈夫で風合いのある最もポピュラーな平織りで、当時使用されていた布地をモチーフに作られました。縦糸には黒い糸を使用し、横糸には微妙な光沢の入った緑の糸を使用し、独特の風合いを表現しています。(アクリル79%・ウール21%)
detail photo
タープブルー
(アクリル79%・ウール21%)
detail photo
■この素材を使用している製品
マスタードイエロー
(ポリエステル100%)
detail photo
■この素材を使用している製品
フラノベージュ
ウール繊維にはクリンプと呼ばれる縮れがあるおかげて多くの空気が含まれます。含まれた乾いた空気により、遮断性がもたらされるのです。ウールの張地を使用することで、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごすことができます。また、ウールは抗菌機能や消臭機能を持っており、人に優しい繊維です。今回採用の「フラノベージュ」はウール繊維を織った後、何時間も大量の水で丹念に洗い流し、繊維同士を絡ませ合うという非常に手間の掛かる製法で作られており、一般的に「フラノウール」と呼ばれています。フェルト素材のような独特の風合いを醸し出しているのが特徴です。(ウール90%・ナイロン10%)
detail photo
■この素材を使用している製品
ウールナップブラウン
ボリュームがあり、タッチ感も柔らかいのが特徴です。冬暖かく夏涼しい快適性など、天然繊維の王様ウールの良さを活かしています。特徴はネップ(繊維が絡み合ってできた、糸の節)です。ところどころに現れ、素朴でナチュラルな風合いが楽しめます。1950年代のアメリカで人気のあった織り方を再現した、ざっくり感を楽しんでいただける張地です。糸が太いため、糸の結び目が出っ張ることがありますが生地の特性です。(ウール57.5%・綿36.5%・ナイロン6%)
detail photo
ミランブラック
(アクリル100%)
detail photo