それは、単なる復刻ではありません。
今という時代への、普遍性の提案です。
今日より明日、もっと好きになる家具を。

カリモク60の、この椅子に何かを感じていただけたとしたら、
それは60年代のある頃の家具つくりへの想いの熱さのせいかもしれません。

1962年、それまでミシンのテーブル部分やテレビの木枠部分など
木製部分を生産していた刈谷木材が、洋風家具の生産を開始。

それが今日、多くの人から愛されるカリモクの、家具メーカーとしてのスタートでした。

私たちが目指しつづけるのは、普遍性を持った家具つくりです。

使うほどに、新しく感じる定番を。今日より明日、もっと好きになるモノたちを。

自然なこと。やさしいこと。あたたかいこと。普通なこと。特別なこと。

普遍的なモノに囲まれて暮らすことこそ、最も今らしいスタイルだと思うのです。

そして家具にこそ、本当の意味での普遍性は必要だと思うのです。

カリモク60の新しい物語が、今、始まります。