MENU
CLOSE

KARIMOKU60 CARE

一覧に戻る

普段を大切に

木製家具は天然素材を使用しています。正しくお手入れして、家具を長持ちさせましょう。

お手入れ方法
すべての素材

直射日光の当たる場所や冷暖房機のすぐ近くでご使用になりますと、乾燥して色があせる原因となります。また、湿度の高い場所でのご使用はカビの原因となります。

木部

直射日光の当たる場所や冷暖房機のすぐ近くでご使用になりますと、乾燥して色があせる原因となります。また、湿度の高い場所でのご使用はカビの原因となります。

日常のお手入れは、柔らかい乾いた布で軽く拭いてください。

万一汚れたときは柔らかい布に中性洗剤を薄めたぬるま湯で固く絞って拭き取ってください。そのあと水拭きで洗剤液を十分拭き取り、乾拭きし、十分自然乾燥させてください。
水気のものをこぼしたら、柔らかい乾いた布で、すばやく拭き取って乾燥させてください。

※表面の塗装膜を薄く仕上げた商品があります。水分が木材の中に浸透し、表面の割れ・色落ちの恐れの原因になります。
木部の表面は、清潔に乾燥させておくことが大切です。

モケット・ファブリック

基本的なお手入れは合成皮革と同じですが、定期的に掃除機でゴミを吸い取るか、柔らかいブラシでブラッシングしてください。汚れが目立つ場合には、柔らかい布に中性洗剤を薄めたぬるま湯で固く絞って汚れを拭き取ります。その後、洗剤液をよく拭き取り、柔らかい布で乾拭きをしてください。モケット地は毛の順目方向にそって拭きます。

ビニールレザー
日常のお手入れについて

日常は、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。隙間の埃は掃除機のノズルの狭いものをご使用いただき吸い取ってください。

※化学ぞうきんなどは使用しないでください。

飲み物や食べ物の汚れがついた場合は、柔らかい布に中性洗剤を薄めたぬるま湯で固く絞って拭き取ってください。そのあと水拭きで洗剤液を十分拭き取り乾拭きし十分自然乾燥させてください。
ビニール製品などを長時間重ねたままにすると、変色の原因になりますので注意してください。
汚れ落としやお手入れでベンジンやアルコール系などの溶剤が配合された物を使用しないでください。可塑剤の抽出や、化学物質の吸収により、表面艶変化・硬化・軟化の原因になります。

※整髪料・ウエットテッシュ・手洗い用の消毒液なども、変色原因になりますので注意してください。

取り扱い上の注意点について

汚れは早目にお手入れしてください。本革や生地等の染料を使用している異質の素材と接触させると、染料が移行して色移りが生じることがあります。色移りが生じてしまった場合は取り除くことができません。張地の張替えなどの修理を承ることができます。
汚れ落としやお手入れの際は、特に縫い合わせ部やキルト部針孔からの溶剤の浸透に注意してください。ビニールレザーの場合可塑剤の抽出による硬化、ひび割れ、剥離の原因となります。
ビニールレザーは他の樹脂製品と接触させると、可塑剤の移行により表面の艶変化・硬化・ひび割れ変形が生じることがあります。
ビニールレザーをストーブや暖房器具等の過度な熱源のそばに設置しないでください。表面艶変化・表面粘着・変形・変色・硬化の原因になります。
可塑剤とは・・・ある材料に柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質のことです。可塑剤は主に、塩ビを中心としたプラスチックを軟らかくするために用いられ、そのほとんどが酸とアルコールから合成される化合物(一般にエステルといわれるもの)です。

本革
日常のお手入れについて

日常は、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。
水分や油分などが付着するとシミになります。(シミになった場合は補修できません。)
必要に応じて専用オイルでの保革をお勧めします。年数に関係なく皮革表面のオイル感が無くなったと感じた場合に専用オイルをご使用ください。

取り扱い上の注意点について

表面の塗装膜がないため、同じ革の中でも色ムラがあり、ロットによる色のブレが発生します。
牛が生きていた頃の様々な傷などのナチュラルマークを含みます。
塗装膜がないため、通常のソファ用レザーに比べて傷がつきやすくなります。
日光による退色が起こります。(放っておいても退色していきますが、直射日光は避けてください。)
水分や油分などが付着するとシミになります。(シミになった場合は補修できません。)
色落ち、移染が起こります。
使用に際し、革が伸びる場合があります。

ページトップ