MENU
CLOSE

FEATURE

カリモク60のダイニング

低くワイドなDチェア

 1969年に製造され、座面の高さが低くワイドなシートが特徴の椅子がDチェア。リビング&ダイニングの兼用チェアとして、ゆったり寛げるようにシートはやや後傾しており、腰掛けると自然に体を預けるようなデザインになっています。Dチェアの多様なスタイルに合うように、現代の生活に合わせて新しくデザインされたのがDテーブル。Dテーブルは2段階の高さ調節が可能な構造になっています。620mmの和みバージョンと660mmのワーキングバージョン。ライフスタイルに合わせてお好みの高さに設定してください。柔らかいラウンドの天板の形が特徴で、2人暮らしのコンパクトダイニングキッチンにスマートに収まります。

家族にあわせた組み合わせ

 カリモク60の最もベーシックなダイニングチェアⅠはアーム付きとアーム無しの2タイプから選べます。後脚から横桟、前脚まで平面で繋がる直線的なデザインでスッキリとして場所をとりません。背もたれの形状は、人間の胴回りに近いカーブを描いていて、背当たりが良いのが特徴です。ダイニングテーブルは800mmの2人用から1800mmの6人用まで、4本脚と2本脚がありカラーも3色。家族と暮らしに合わせてお選びいただけます。

RoomClip User: tomoyuzupi Room No. 1122885

おおらかなダイニングチェアⅡ

 直線的なダイニングチェアⅠと比べると、木管が多く使用されていて、おおらかでやわらかい印象です。背もたれは、より大きな丸みと上に広がる角度をつけて、横座り時にも背中がぴったりと背もたれにフィットします。簡単に着脱できる専用のウオッシャブルカバーがアクセサリーパーツとしてあり、小さなお子様がいるご家庭はもちろん、気分転換に雰囲気を変えることができます。低めのDテーブルにも一般的なダイニングテーブルにも合わせることのできるサイズの椅子です。